Towards a Competition Enabling Framework in Asia Pacific: Opportunities & Challenges – Japan Chapter (Translation)

Below, we have provided the full, Japanese transcript of the panel discussion, Online Advertising, Market Competition, Data and Transparency: Opportunities & Challenges for the Ads Ecosystem in Japan, from the third chapter of our series, Towards a Competition Enabling Framework in Asia Pacific: Opportunities & Challenges.

Daniel SOKOL Speaker

ダニエル・ソコル:

フロリダ大学で教授を務めるダニエル・ソコルです。本日は、CPIの日本支部のモデレーターとして、日本におけるオンライン広告市場の競争、データと透明性の機会と広告エコシステムの課題について専門家のご意見に耳を傾けます。本日は、これらの問題の最前線で活躍されている実務家や学者の方々にお集まりいただきました。東京都立大学教授 伊永大輔氏と、在日米国商工会議所競争政策委員会委員であり、ホワイトアンドケース法律事務所の弁護士の大軒敬子氏、ロンドンのキングスカレッジ法学部教授のレナート・ナッツィーニ氏、そして慶應義塾大学経済学部准教授でCPRC客員研究員、UTokyo経済コンサルティングのチーフエコノミストを務める久保研介氏の4人での皆様です。冒頭のコメントから始め、その後、質疑応答を行います。では、まず、デジタル広告の経済学について説明してください。

Kensuke KUBO Speaker

久保研介:

ACCESS TO THIS ARTICLE IS RESTRICTED TO SUBSCRIBERS

Please sign in or join us
to access premium content!